ありがたき空気や水や小鳥来る 三橋敏雄

生態系は空気と水の循環システムの上で動いているサブシステムである。人が小鳥と同じ生態系の内にあるかぎり、空気と水はその生命の維持に欠くことのできない「ありがたい」ものである。ただ、この句外には、生態系を壊し続けている人の社会がある。原発事故以降とくにそうだが、このような句の世界そのものを現実的に維持していくこと、それはこれから我々人間社会の大きな課題である。
出典:『しだらでん』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA