母許や春七種の籠下げて 星野立子

一月七日は人日。七草粥を食べる。立子は鎌倉から麹町の星野家に嫁いだ。おそらく正月は麹町で過ごし、七日になって鎌倉の母・糸子のもとへ行くのだろう。七草を入れた籠には、母への長寿の願いも入っている。
出典『句日記』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA