鯉の子はおどろきやすく冬の山 飴山實

冬の山とは、琵琶湖西岸の比良山のことであろう。鯉の子とは鯉の卵のこと。根菜などと一緒に煮て食べる。鯉の子は熱を加えると、弾けるように身をひらく。その様子を「おどろきやすく」と言ったのだ。まるで無垢な子どもの動きのように見えてくる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA