ひきよせて比良へかざすや蝦竹瓮 飴山實

蝦竹瓮(えびたっぺ)とは、蝦を獲るための竹籠のこと。「えびたつべ」ともいう。この籠に餌を入れ、それをいくつも付けた縄を湖底におろし蝦をとる。琵琶湖ではこの漁がさかん。湖上で引き上げた竹瓮を高くかざせば、籠の隙間から比良山を映す光と冷たい風が入り込む。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA