兜虫み空へ兜ささげ飛ぶ 川端茅舎

角があり、光沢があり、堅い。その頭はまさに兜。兜虫は羽根を開くと、胴体が一回り小さく見える。その分、大きい頭部がさらに大きく、そして重たそうに見える。炎天に兜をささげ飛ぶその姿は、力強さだけでなく、あわれさをも感じさせる。
出典:『ホトトギス雑詠選集』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA