太陽はいつもまんまる秋暑し 三橋敏雄

月の変容ぶりとは対照的に、太陽は不変。ずっと変らず、「いつもまんまる」である。残暑はいつまでも続くように思えたとしても、いつかは終わる。太陽の変らなさと比べれば、一時である。下五で、「秋暑し」と暑いことを暑いと肯定的に言ったことで、涼しさが生まれた。この涼しさは、どこか太陽の健康さと通じるものがある。
出典:『しだらでん』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA