高橋睦郎句集『十年』

十年といっても、さまざまな十年があるものです。十年という単位に意味があるわけではないですが、区切ってみることで見えてくるものがあるから不思議です。

今回は、高橋睦郎さんの句集『十年』から二十句を選ばせていただきました。句集では漢字が旧字体なのですが、ここでは新字体にさせていただきました。

言葉選び、音、リズムは、五七五の上にあってなお、独特な感性によって磨き上げられているように思いました。季語の使い方も面白いです。読み始めはなかなか読みこなせなかったのですが、だんだんはまっていきました。内容はとりわけ神話的なものを感じさせる句に惹かれました。

山微笑 (みせう) そのさざなみや空渡る

逃ぐる追ふ小露大露遂に寄る

三島忌や腐りやすきは国も亦

億年の亀の歩みの涼しさよ

門火焚く万億の手の手暗がり

黄泉夜長わが母われを忘れます

大海を吐き尽しけり大海鼠

殻脱ぎし蝉の世眩し死後の如

われも姨捨てたる月の明らかな

落葉にも華やぐといふことありし

人の香に酔泣く秋の蚊なりけり

のちの世の明るさかくや後の月

佐保姫の乳首ももいろ木芽春

百万の蝶降り窒息しなん夢

鳥の恋解けて蚯蚓へ驀 (まつしぐ)

蜉蝣や恋も子産みもただ三刻

芋の露硯の渇き癒すべう

就中風花を死者よろこべり

鬱鬱と糸吐き昼を繭ごもる

はつ夏の雪をんなこそ苔雫

初湯より生れて我や老童子

覚めて憶えぬ初夢をありがたう

花疲れとは人よりも花に先づ

無き家に亡き母ひとり年守る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA