ふりかへる伊賀に冬立つ御齋越え 飴山實

御齋(おとぎ)峠は、伊賀と甲賀の間にある峠。この句には「近江に向ふ芭蕉が家郷と別れしところなれば」と前書きがある。伊賀は芭蕉の故郷。近江は芭蕉の第二の故郷である。芭蕉と同じの旅すがら、御齋峠を越えるときに伊賀のほうをふりかえったのだろう。「冬立つ」という季語は、もちろん冬が来たということだが、この句の「立つ」は、どこか何かが立っているようにも感じられる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA