死ぬふりを子蜘蛛ながらにしてみする 細見綾子

生きるために死んだふりをする蜘蛛の子。死んだものは殺せない。この真理を前に死すれば、大人と子どもの違いどころか、人と蜘蛛の違いすら意味をなさない。子どもながらにして、生きることに真っすぐな姿に心を打たれる。
出典:『桃は八重』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA