漱石の一句(1)不立文字白梅一木咲きにけり

現存する漱石の俳句は2500あまり。子規の10分の1しかありません。そのうち、漱石が松山中学校の英語教師として松山に移った明治28年から、その翌年に転任した熊本第五高等学校を辞し、英国ロンドンへ留学する明治33年までの約6年間に詠まれた句は1700以上におよび、全体の70%を占めます。

数が集中している理由は、漱石にとってこの時期は俳句の修行時代であったからです。漱石は計35回も句稿を子規に送り、毎回40~60句の添削指導を受けています。それらは書簡集に見ることができます(岩波文庫『漱石・子規往復書簡集』)。

漱石の俳句が作品集(『漱石俳句集』岩波書店)としてまとめられたのは、漱石の死後(翌年)ですから、自身の手によってまとめたものではありません。つまり、我々が読める漱石の俳句の多くは「習作」と言っていいと思います。

例えば、明治28年つまり漱石が松山中学校の英語教師となったころの作にこんな句があります。

 不立文字梅咲く頃の禅坊主

「不立文字(ふりゅうもんじ)」とは、達磨大師による中国禅宗の教義。書かれた言葉はその時々いかようにも解釈できてしまい、真の悟りは言葉ではなく心によるということです。漢学に通じた漱石らしい言葉遣いです。

子規はこの句の上五だけのこし、中七下五をそっくり書き換えました。

 不立文字白梅一木咲きにけり

比べれば一目瞭然です。漱石の句は「不立文字」という教義も禅僧も存在感が希薄です。「不立文字」「梅」「禅坊主」という言葉は平坦に並んでいるだけです。

子規は大胆に禅僧を消去し、「不立文字」と「梅」の取り合わせをはっきりさせました。下五をしっかり切ったことで、上五の不立文字という教義はむきだしの岩のような存在感を持って屹立し、中七下五の梅は、今ここで咲いたかのように目の前に立ちあらわれる。さらに、白という色と一という数によって具体性を持ち、はっきり目に見えてきます。添削のお手本のような例です。

のちに、文豪と呼ばれ、国民的大作家となる漱石ですが、たいへん地道な努力をしているのです。子規に書き送った句稿からは、その痕跡が垣間見られます。

*参照:不立文字
*参照:岩波文庫『漱石・子規往復書簡集』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA